御天道様と絵譜詩偉通
「根性がついたことです」養老の星・幸ちゃん
プロフィール

御天道様◆sunOTtaisA

Author:御天道様◆sunOTtaisA
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキングのボタンを

毎日1回押していただけると、

私も上機嫌になるかも・・・

最近の記事

月別アーカイブ

clock


東京(羽田)近郊の天気 The WeatherPixie

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

fraverits

このサイトを登録 by BlogPeople

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2週間の沈黙を破り、slashup02観戦記★2
そして第3部はアンタイトルさんから。アンタイトルさんも素晴らしい作品を
送り出してますが、タイトルが「メガネ大戦」福井県がメガネの国内生産シェア
が90%もある事を知って、まあおもしろおかしく作った作品ですが、壮大な
スペクタクルでしたよ。福井からどんどんと近隣の府県を飲み込むシーンは
壮絶でした。この凄さをパクったのが「日本沈没」なわけですが・・・???

そしてここまで来ると、一言では言い表せないような作品が増えましてね。
私も着いていけるか心配でした。

tigoさんの「ミュージックファイター」これも本当にかわいいアニメキャラクターが
音楽を武器に戦いを挑んでいくというストーリーで、アニメなのにカメラワーク
確か(3面?)には、フラッシュってもうこんな事が出来るのかと感心させられま
した。

たけはらみのるさんの「魔女と森の精霊」これは魔女狩りされられそうな魔女と
近くに住む森の精霊の話。ほのぼのとした作品ではありますが、なんか深い
意味合いのある作品でもありました。

そして、今回の作品の中で「欽ドン賞」はこれかなと思ったのが、(欽ドン賞なん
てあったっけorz)えぬさんの「空想少女」これは一言で片付けると「気持ち悪い」
作品なんだけど、彼女の空想が自分のからだから、どんどん物となって現れて
くる。これが結構見入る内容で、私自身も「どこまでやるの?(そこでまた欽どこ
ですかorz)」と感じさせるような、5分程度の作品だったと思いますが、10分も
20分も見せられたように感じました。もし許されるならもう一度観たいです。

そしてトリは日暮里本社さん。昨年は土煙高田馬場で大ブレイクし、いきなり
トリを勤められるまでに発展した日暮里さん。今年も「「九尾の狐と見越入道」
という時代劇や昔話スタイルの作品を公開。クオリティの高い作品になって
いました。やはり日暮里さんみたいに、決して未来志向を目指して変にかっこ
つけない所が好きです。こういう作者もフラッシュの世界で重用して欲しいです
ね。

ざっとでしたが、感想書き終えました。最終的な感想としては、フラッシュの技術
がどん進化続けていて、クリエイティブな作品が多くなった。たださっきも書きま
したが、ひろゆきが「最近は笑える話が少なくなった」と言っていた。なんか技術
ばかりが先に言ってしまい、肝心のストーリーは?という作品も目立った。また
「未完成」の作品も目立ち、どうにか作品にはなったというものもあった。これは
井上トシユキが、「フラッシュを客を意識して見せているようなっている。」という
趣旨の発言があったが、そうであるなら、もう少しそこを気にしないといけなく
なるのかなと思った。技術競争より、楽しい作品がもっと観たいなぁと思った
ひと時でした。本当にまずはFLASH職人さん、そして音楽を提供して下さった
職人さん、それから/upスタッフの皆さん。そして出演者の皆さん。そして会場の
お客さん、本当にありがとうございました。

なおこの後9時から、約30分に渡って、ネットラジオを放送する予定なので、
参加した方も、出来なかった方も、聞いて見てあげてください。またネットでも
/upの作品が観られるようなのでそちらも確認してみてください。

 slashup02
 http://muzo.jp/up/02/
スポンサーサイト

テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:ニュース

2週間の沈黙を破り、slashup02観戦記★1
本来なら直ぐにでも書こうかと思った/upについてですが、大阪講演が終わる
までは、自粛要請があり、そんな中で私が変にしゃしゃり出るのは、関係者に
迷惑がかかりますので今日に至りました。しかし、F★Bの時は大阪が東京の
翌日で僅か1日我慢すれば良かったのになぁ・・・と感じるのでした。

この日私は、電車に乗って会場に向かおうとしたのですが、まさか首都に落雷
があったとは、この影響で電車がとまり渋谷駅についたのが、実に開演3分前
走ればどうにかなると思ったものの、「道玄坂って本当にキツイねぇ」と感じな
がら、途中で走るのを止めました。結局到着したのは開演10分後。会場は、
O-EAST1階のDuo Music Exchange。会場周辺には、沢山のライブ会場と
たくさんのラブホテルがありましたorz おかげでスキマ産業さんのOPが見られ
ませんでしたorz

MCはこのイベントではお馴染み、急行さん、春山さん、ゲストは昨年も同様、
今でもショタやら、ヨウジョに夢中なかーずさん。イイ・アクセスのUGKさん。
最近では堀江や村上が逮捕されたおかげで、テレビにも出られるようになり、
ぼろ儲け中?の井上トシユキさん。そして我らが2ちゃんねるのひろゆきが
なんと遅刻をせずに登場。俺でさえ遅刻したのに奇跡ですね。

なお、本編に入る前に、言いたいことがあります。東京から大阪開催まで今回
2週間というブランクが空いてしまった事で、作品内容の記憶が確かでは無い
部分もあると思われますので、何かあったら突っ込んでくらさいorz

まずはオープニングですが、遅刻したおかげで見ていませんorz しかし今年の
総評から先に言っちゃうと、アニメ系の物語の作品が多かったように思います。

例えばオープニングを飾ったso-shiさんの「スリーダイバー」は、深海に眠る宝
探しをする作品ですが、これもやはりアニメタイプの優しい作品でした。昨年は
ゲストで出演したso-shiさんですが、かーずさんの酷い仕打ちに絶えられなく
なり、残念ながら作品だけで出演となりました。東京開催は無事に終わったの
ですが、あの後山本さんが援交女とやるというハプニングがあった事を考え、
もし同じことが/upであったらwosa社長が、「大好きなフラッシュだけど、解散し
ます」と泣き付かれても「うるせぇ」としか言えませんのでね。今後も気をつけて。

それと第一部の中では、み~やさんの「がらくたの神様」が良かった。近未来
風の設定で、神を絶対的に崇拝し、それを司る巫女の意見を絶対守る国が
舞台で、それに反抗する一人の男が巫女を殺害しようとするが・・・これ以上は
言えないが最後に凄い結末が待っています。これもいい作品でしたね。なお
み~やさん。昨年に続き今回もゲストとして出演しましたが、挙動不審は治って
ませんでしたorz

み~やさんの次に登場したのが爆走戦隊さん。実は彼、現役の高校生でして
作品も結構凝ったアニメ作品近未来系でしたね。宇宙人が地球を目指し、ある
企みを計画したのですが、これにまたちょっとした波乱を入れており、面白い
結末でした。この高校生もゲストとして登場しましたが、この子も共同不審気味
でしたねorz

あと第1部からは、HARDLOVEさんの「ムーンシャイン」これはアニメ系から
大きく離れて、緑色のある絵と文字がただ音楽に乗って反応し動いていくと
いう、クリエィティブでな作品でした。開催地渋谷にふさわしいかっこいい作品
です。ちなみにHARDLOVEさんもゲストとして登場。本当にクリエイターだな
という容姿でした。み~やさん見たいに挙動不審ではありませんでした。

続いて第2部、ここからは純粋さあり、胡散臭さありの面白いグループ。ある
意味「死のグループ」ですわ。最初に紹介したいのは、シマシマさんの作品
「モーニングクローズ」これは本当に綺麗な作品。花と少女をテーマに決して
派手な演出は入れない、やさしい夏らしい作品でした。

この作品て癒されたと思った矢先、次の作品スノコさんの「リバース」これは
結構見入る作品で。まずテレビに流れる砂嵐からスタートするのですが、
この後に本当の砂漠が出てきて、人間の目やらありやらが砂漠の真中で
動き回るという作品。これは少し怖さも感じた反面、何かを訴えているような
作品でしたね。

それとこれはユニークだなと思ったのは、タカヒロウさんの「占いガール」と
いう作品、舞台はある戦場なんですが、そこにはテレビがあって、私達が
いつも見ているテレビでもやっているでしょう、占いコーナー。これが話の
展開に不思議に繋がっていく作品です。それとモアイが登場するゲームが
面白かった。

そして死のグループのもう一つの顔の登場です。2年前のF★Bで「山田君
ロックンロール」という名作を出した熱湯さんの「歌とリズムのわくわくキャラ
バン」見所は、最初に歌っていたどうかしている歌です。そして作者は何故か
覆面で会場に登場。爆笑そして何がしたかったのか?謎の多いままでした。

死のグループその2は、昨年「なぜなに動物ランド」で衝撃を与えたnnmさん
の「みんなであそぼ。」これに関してはあえて説明はしません。ただ言いたい
ことは「友達を作ろう」orz

そして死のグループのラスボス。みやかけおさんの「粗忽桃太郎」桃を拾った
じいさんとばあさんが桃そっちのけで、時事ネタをとことん語るという「みやか
けお」スタイルは健在。まさかトシユキにまで魔の手が及ぶとはw みやさんの
ような方はこのイベントで重用されるべきなんですよ。ひろゆきも話していた
のですが、「最近は笑える話が少なくなった」と話してました。やはり/upには
必要ですよ。

そんな中、今回初めて「一般公募」枠が設けられ、そこでこれから期待でき
そうな作者を見つけました。春日森春木さんという作者が作った「断食力士」
という、タイトルからして「コラッ」って言いたくなるのですが、何故か2部構成
で、本当になんじゃこりゃ!って感じでした。こういう人たちはきちんと守って
あげられる優しい/upになればいいなと思っているのかな・・・俺ってホントにorz


テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。